「街並み景観改善事業」ボランティア募集のお知らせ


今回は、福島市で活躍するNPO法人福島ライフエイドさんからの情報です。

(日程変更により、2013.2.7更新)

 

福島市のNPO法人福島ライフエイドでは、飯坂温泉の閉鎖した旅館から、廃棄品の撤去作業に従事するボランティアを募集しております。

飯坂温泉では、廃業し老朽化した旅館が観光地の景観を損ね、さらに震災により建物の一部が損壊したことで、その危険が問題となっております。

報道等でご承知の通り、一部の廃旅館は国の補助金により取り壊しが決まりましたが、その際、屋内に残された廃棄品の撤去に係る費用は補助対象外だということです。

 

【飯坂温泉】廃旅館 解体進む 半壊…まず3軒完了 景観アップ、跡地利用課題

(2012/10/23 福島民放記事)

 

そこで、福島市を中心に震災後、様々な活動を続けるNPO法人福島ライフエイドのメンバーが、観光地域の景観改善と土地の資産価値の再生を目的に、ボランティア作業を始めました。  

撤去されたトラックいっぱいの廃棄品と福島ライフエイド代表の宇津木政人さん

 

廃旅館のなかには、たくさんの生活廃棄品が残されており、それらの撤去作業にはたくさんの人手が必要です。私も時間の許す限りボランティアに協力しますが、飯坂温泉の景観改善に、何卒、ご協力ください。

 

廃旅館内部1

廃棄品の残されたロビー

 

「街並み景観改善事業」ボランティアスタッフ募集

【時】第一期 2月5日(火)〜9日(土)  9:00〜17:00

★第一期は、たくさんの方のご協力により、予定を短縮して終了致しました★

第二期 2月18日(月)〜23日(土)9:00〜17:00

第三期 3月4日(月)〜9日(土)  9:00〜17:00

【場所】飯坂温泉駅(集合後、解体旅館へ移動)

【募集人数】50名程度

★昼食あり、作業後温泉にて入浴可、傷害補償あり、ヘルメット手配あり

【お問い合せ】NPO法人福島ライフエイド 代表 宇津木

TEL 080−5736−1219

FAX 024−522−6555

 

以下、前回、撤去作業が行われたホテル内部の写真です。